薬局薬剤師の矜持

薬剤師を志す時に、多くの薬学部生は「病気で苦しんでいる人の役に立てるような薬剤師になりたい!」と思って入学していると思います。(そうでもない人もいるかもしれませんが)

しかし、薬学部を出て国家試験に合格し、メーカー勤務(MR・研究職)、流通卸、公務員、病院薬剤師、そして薬局・ドラッグストアなどに就職をすると、とたんに目の前に現実が突きつけられます。

それぞれの業種によって事情が異なるでしょうが、特に臨床系である、病院薬剤師や薬局・ドラッグストアに勤務することになった場合、愕然とするのは「大学で学習したことがほとんど役に立たない」という現実です。

6年制になってから、病院や薬局での本格的な実務実習を行うようになったので、そのギャップは昔ほど大きくないかとは思いますが、それでも「実習」としての仕事と、「勤務」としての仕事とでは、求められる質が異なってきます。

そこで突き当たるのが、「薬剤師としての制約の多さ」です。

薬局薬剤師が受ける“制約”

保険薬局での薬剤師の仕事は、当然「医師からの処方箋に基づき、調剤を行い、服薬指導を行う」ということになります。そして、その上で「薬機法(旧薬事法)」「調剤報酬」という規約に則って、業務を行わなければならないのです。

実際の現場では、こうした“しばり”や、“現実”を感じる場面に多く遭遇します。

  • 疑問のある処方箋について、上司や先輩に相談しても「こういうものだよ」と諭される
  • それでも疑義照会をすると、医師から怒られる
    (これは、薬剤師側が勉強不足の場合も少なからずありますよね。)
  • 疑義照会しても、医師から「そのまま処方する」と言われれば、たとえ禁忌であっても、調剤を拒否することはできない
  • 患者さんに薬の説明をしようとすると「説明はいいから、早く薬だけ渡して」と言われる
  • 患者さんから罵倒されようが、処方箋を持ち込まれたら調剤を拒否することができない
  • 会社から「●●の加算をつけるように」と言われるが、患者さんから「薬代が高くなった」と現場の薬剤師が怒られる
  • 朝服用の薬で、眠気が出ている患者さんに、窓口で「これを夜に飲むようにすると眠気が楽になると思いますよ」などとは言えない
    (=「用法の変更」に当たるため、医師の処方権の侵害になります。疑義照会等の対応が必要です。)

などなど、理想とは違う現実に直面して、もどかしさや憤りを感じている薬剤師も少なくないと思います。

また、薬局は医療法人ではなく、一般の会社と同じ扱いですから、経営者から「営利」をかせられることになります。薬学部では「薬剤師として、患者さんの健康維持に役立つ仕事を」と言われ学んできたのに、現場に入ると「患者さんの気持ちよりも営利を優先」という場面も出てきます。(加点のために、おくすり手帳を半強制的に発行するよう指示されたり…)

原因は風習と制度にあり?

これらの問題の原因はいくつかあるかと思いますが、大きな問題としては2つあると思います。

1つは、「長年の風習」が踏襲されてきた結果、ということです。20~25年ほど前に、急速に医薬分業が進み、薬局の数が爆発的に増加しました。そこで多く見られる形態がいわゆる「門前薬局」です。

この「門前薬局」は、その名の通り、門前の医師の処方箋を受け付ける訳ですから、医師に“へそを曲げ”られると、そこで経営の危機に瀕する訳です。また、利害が一致しやすいため、どうしても慣れ合い・癒着の温床となりやすくなります。

もちろん、そこで長く働くスタッフも、門前の医師とギクシャクした関係になるよりは、円満な関係でありたいのが人情でしょう。それは、医師にとってもそうであるに違いありません。

ありがたいことに近年は、「薬剤師がいなければ、治療が完結しない、重要なパートナーである」と薬剤師を評価して下さる医師も多くいらっしゃいます。
しかし、医薬分業前には、それまで院内で医師の「目の届く」「声の届く」ところで完結していた治療(投薬)が、分業となることで、自分のあずかり知らない薬局・薬剤師から、意見されるようになる、というストレスが掛かるのは想像に難くありません。

経営者・管理者としては「できるだけ波風を立てずに、無難に過ごしたい」という風潮になり、また、医師もそのストレスを避けたいという対応に出てきたという面があるのだと思います。

もう1つの問題は、やはり薬局薬剤師が「受け身」の業務である、という点です。

1.患者さんから処方箋を受け付けることで初めて業務が始められ、また、2.自由な会計はできずに調剤報酬で決められた範囲で薬と情報とサービスを提供しなければなりません。

調剤報酬が下げられたから、といってその分を挽回するためには、たとえ「納得出来ない」制度であったとしても、国(厚労省)の施策誘導にのって進んでいかなければならないのです。

その上で、「薬代が高い」「余計なサービスを勝手につけられた」と患者さんからのクレームを受け付けるのは現場の薬剤師になる訳ですから、余計に負担に感じる薬剤師も少なくないと思います。

薬剤師としての矜持を保てるか

しかし、ここ数年で状況は変わりつつあります。
厚労省から「患者のための薬局ビジョン」「健康サポート薬局のあり方について」などが相次いで発表され、また、平成28年調剤報酬改定では、「かかりつけ薬剤師制度」が設けられる、など、「モノ」から「ヒト」へ業務をシフトさせることが促されています。

僕たちの目の前にいる患者さんと向き合う業務こそが重要視される時代が訪れることが期待されていますし、僕たち薬剤師もそれを期待しています。

その思いこそが「病気や健康に対して不安を抱える患者さんの役に立ちたい」と考え薬剤師を志した時の「薬剤師の矜持」なのではないでしょうか。

調剤報酬の減点が続き「薬剤師にとって冬の時代が続く」と言われていますが、吹雪に吹かれるまま、ただ凍えているのか、それとも、その“矜持”というコートを身にまとって冬の雪道を踏みしめながらも、患者さんに寄り添って前に進んでいくのか、どちらが良いでしょうか。

「セルフ・メディケーションの促進」や「外来服薬支援料」など、「処方箋によらない」役割に目が向けられようとしています。その時に、患者さんから「信頼され選ばれる」薬剤師は、やはり「薬剤師としての矜持を持った薬剤師」なのではないでしょうか。

初心忘れるべからず。そして、おごれる人も久しからず。

薬剤師としての原点に立ち返って、日々の業務への取り組みを見なおしていきたいと思います。

 

ふな3
ふな3
栃木県にある調剤薬局に勤務する薬剤師です。 薬局薬剤師としての勤務経験は長いとは言えませんが、日々業務や勉強をしながら気づいたことや感じたことを書き留めていきたいと思います。 ツイッターはこちら → @funa3di

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です