薬剤師が関わる薬の減らし方

日経DI・プレミアム版4月号の特集「薬剤師が関わる薬の減らし方」にて、取材記事を掲載していただきました。

一言で「減薬」と言っても、医学・薬学的観点だけではなく、処方医や患者本人とのコミュニケーション、そして、その後のフォローアップまで含めた多様なスキルが必要だと思います。

他の取材を受けられた先生方のコメントでも減薬に至るプロセスで様々な葛藤を語っていらっしゃるのが印象的です。
「薬を減らせたから良かった」ではなく、「患者さんに最適な医療を提供するための検討をした結果が“減薬”だった」ということなのかもしれません。

今後も、適切な医療へ、薬剤師がより深く関わっていけるよう頑張っていきたいと思います。

ふな3
ふな3
栃木県にある調剤薬局に勤務する薬剤師です。 薬局薬剤師としての勤務経験は長いとは言えませんが、日々業務や勉強をしながら気づいたことや感じたことを書き留めていきたいと思います。 ツイッターはこちら → @funa3di

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です